『ポケモンGO』のミニリュウの巣がまたも見つかる!

ミニリュウそのものがレアなためカイリューにするには先が長い。
しかし、世田谷公園にかなりの数が居ると判明し、数百人規模のプレイヤーが深夜にも関わらず集まっていた。
そのミニリュウフィーバーも終わってしまったようだ。
どうやら周期的にポケモンの居る場所は変わるようで世田谷公園からミニリュウが姿を消してしまった。
しかし、ほど近い場所にミニリュウの巣があることが判明。世田谷公園から東に進んだ目黒川にミニリュウが大量発生しているのだ。

具体的な場所と行き方

目黒川と言っても広域であるため範囲を狭めて紹介したい。世田谷公園から歩いて15分ほどの場所なのだが、アクセス方法は渋谷駅から東急バスで三軒茶屋行きに乗り、「池尻大橋」でおりよう。電車の場合は東急田園都市線で池尻大橋駅で下車。そこからは歩いて目黒川を目指し南下するだけである。

この周辺は公園と違って住宅地になっているので、深夜に集まって騒いだりすると近隣住民の迷惑になるので捕まえる際にマナーを守ろう。
ゴミ捨てなどもってのほかである。むしろ落ちてるゴミを拾う勢いでプレイしよう。公園じゃ無いのでゴミ箱は用意されていないので、ゴミは持ち帰れるように袋も持参するように。

46549

003-4

※再度注意しておくが、公園等の公共施設ではなく、一般的な住宅街なので、決して騒いだり
ゴミを捨てたり、迷惑行為をすることだけはやめよう

【ポケモンGO】耐久企画!ギャラドスにするまで帰れません!(前編)【東京・目黒川】

2016y08m05d_171728944